プレスリリース
募金型自販機を導入し交通遺児への寄付を開始 〜役職員が「あしながおじさん」に〜

公益財団法人 交通遺児育英会(会長:清水 司/URL:http://www.kotsuiji.com/)および、MS&ADインシュアランス グループの三井ダイレクト損害保険株式会社(取締役社長:船木 隆平/URL:http://www.mitsui-direct.co.jp/)は、本日9月1日から、三井ダイレクト損保飯田橋本社ビル内に設置している飲料自動販売機の一部に「募金型自販機」を導入し、売上金の一部を交通遺児育英会へ寄付する取り組みを開始いたしました。

「募金型自販機」設置の背景

募金型自販機

三井ダイレクト損保は、自動車保険事業に関連性の高い活動として、渋滞や事故のないクルマ社会づくりと運転マナーの向上を目指した『MUJICOLOGY!(ムジコロジー) プロジェクト』を2011年からスタートし、さまざまな取組みを展開しております。この度、この取組みを一層強化するため、役職員一人ひとりが身近に参加できる社会貢献活動として、日頃利用している自動販売機の一部に「募金型自販機」を導入し、売上金の一部を交通遺児育英会へ寄付することにいたしました。

また三井ダイレクト損保は、事故にあわれたお客さまへも迅速・丁寧・親切な事故対応を行うことで、経営ビジョン「選ばれ、喜ばれ、信頼される会社」の達成に努めております。

交通遺児育英会について

保護者が道路における交通事故で死亡したり、著しい後遺障害のため働けなくなった家庭の高校生以上の生徒・学生に奨学金を支援して進学援助を行い、将来、社会有用な人材を育成することを目的とした事業を行っています。

「あしながおじさん奨学金制度」について

交通遺児育英会では、1979年に「あしながおじさん奨学金制度」をスタートし、交通遺児をご支援する寄付者を性別や個人・団体・法人を問わず「あしながおじさん」と呼んでいます。
「あしながおじさん」という呼び名は、孤児院のお茶目な少女と、名も明かさずにその子の大学進学をささえ続けた人物との心温まる交流を描いた、アメリカの女流作家ジーン・ウエブスターの小説「あしながおじさん」(原題「Daddy Long Legs」)にちなんだものです。

公益財団法人 交通遺児育英会

三井ダイレクト損害保険株式会社


\お見積もりは個人情報不要!/

お見積もり・お申し込み

サイト利用・各種お問い合わせのご案内

お問い合わせ
ページID:
N40293