プレスリリース
【三井ダイレクト損保スマイル基金】寄付金を贈呈しました

MS&ADインシュアランス グループの三井ダイレクト損害保険株式会社(取締役社長:船木 隆平/URL:https://www.mitsui-direct.co.jp/)は、社会貢献・サステナビリティ活動の一環として運営している「三井ダイレクト損保スマイル基金」の2017年度(2017年4月〜2018年3月)の投票結果を受け、4団体へ総額445万円の寄付金を贈呈しました。当基金は2014度から開始し、今回で4度目(4年目)の贈呈となります。

1.贈呈式の様子

贈呈式は、各団体の事務所にて目録を贈呈し、寄付金の使途を中心に一年間の活動をご報告いただきました。 当社からの寄付は、各団体の様々な活動に生かされています。

特定非営利活動法人 遠野まごころネット(寄付金額97万円)

特定非営利活動法人 遠野まごころネット(寄付金額97万円)

一般社団法人more trees(寄付金額119万円)

一般社団法人more trees(寄付金額119万円)

特定非営利活動法人 国境なき子どもたち(寄付金額166万円)

特定非営利活動法人 国境なき子どもたち(寄付金額166万円)

特定非営利活動法人ASK(寄付金額63万円)

特定非営利活動法人ASK(寄付金額63万円)


2.今年度の取組みについて

当社およびMS&ADインシュアランス グループは、2030年に目指す社会像を「レジリエントでサステナブルな社会」と掲げ、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を道標として実現に向けた取組みを進めています。
当基金を通じて、SDGsの目標を確実に達成していくとともに、今後も企業活動を通じて社会との共通価値の創造に取り組んでまいります。

SDGs

「三井ダイレクト損保スマイル基金」概要

◆ホームページ

https://www.mitsui-direct.co.jp/customer/mujismile/


◆コンセプト

ゆずりあい、思いやりの精神に基づく安全運転により、交通事故を未然に防ごうという取組の一環としてスタートしました。これまでは当たり前でしかなかった安全運転が、誰かの支援になるという新しい発想の社会貢献の仕組みです。


◆仕組み

当社の自動車保険、バイク保険、ドライバー保険のご契約者の皆さまに、毎月1回、ご自身が応援したい団体に投票いただき、投票割合に応じて当社が各団体に寄付を行います。期間中無事故であった方の投票は10倍カウントとするなど、無事故の方の声をより強く反映する仕組みとなっています。

  • 投票専用サイトの仕組みは株式会社ドウゾが保有する次の特許権に基づいています。
    特許第4214158号:無事故者の投票を優遇して集計する「自動車保険契約者向けの寄付先投票システム」について

◆寄付金総額

当社税引前利益の1%または321万円(=みつい)のいずれか高い額とします。


◆寄付先団体

活動分野 団体名
交通事故防止 特定非営利活動法人 ASK https://www.ask.or.jp/
環境保護 一般社団法人 moretrees https://www.more-trees.org/
教育 特定非営利活動法人 国境なき子どもたち http://www.knk.or.jp/
復興支援 特定非営利活動法人 遠野まごころネット http://tonomagokoro.net/

三井ダイレクト損害保険株式会社


\お見積もりは個人情報不要!/

お見積もり・お申し込み

サイト利用・各種お問い合わせのご案内

お問い合わせ
ページID:
N40443